FX 比較に必要な業者の選び方

日本は男性、女性ともに世界有数の長寿社会ですが、老後のゆとりは貯蓄だけでは実現困難です。たとえば90歳まで生きる場合、働きながら収入を得ることができるのは個人差がありますが65歳から70歳くらいまでです。それを過ぎたら年金で生活しながら不足する分を貯蓄から取り崩すとすると、自分の寿命が分かれば計画的に使えますが実際にはそうでないので貯蓄が枯渇する不安を避けて通れません。

そこで、働かなくても収入が見込める投資なら、元本が尽きる心配をせずに収益を得ることができます。投資の中でも外国為替で運用するFXは、収益追求とともにインフレリスクをヘッジする効果が期待できます。食料をはじめとして資源の多くを輸入している日本では、円安になれば物価上昇のリスクがありますが、その時に投資している外貨は為替差益によって物価上昇の影響を吸収してくれるので、収益とリスクヘッジの一石二鳥となります。

FX 比較で注目したいのは、通貨購入及び円に再両替するときの手数料が大きいと運用収益が吸収されてしまう点です。また、ドルをはじめとした基軸通貨はもちろんですが、成長性に期待ができる新興国通貨など、運用できる通貨の種類もFX 比較では見逃せません。